放送文化基金助成事業 《作品上映と無料シンポジウム》

テレビドラマの巨人たち ~人間を描き続けた脚本家~

テレビドラマの黄金期を作り出した6人の脚本家(市川森一・向田邦子・山内久・山田太一・早坂暁・池端俊策)の作品上映とシンポジウムにより、その作品の魅力を時代背景と共に読み解く企画です。

  第1回「市川森一 人、その夢よ ロマンよ」

市川森一脚本作品の制作・演出者・出演者が参加します

4月19日 20日   会場:千代田放送会館2Fスタジオ

4月19日(木) 10時 〜 18時

 第1部 10時00分〜12時00分 

      作品1 銀河テレビ小説「黄色い涙」 1972年(NHK)

 第2部 13時00分〜16時15分 

      作品2 「傷だらけの天使」第3回  1974年(日本テレビ)       

      作品3 「もも子シリーズ〜12年間の嘘  乳と蜜の流れる地よ」 1982年(TBS)

 第3部 16時30分〜18時00分

      シンポジウム 「出演者・制作者が読み説く市川森一の魅力 ー 1」

      司会 鈴木嘉一(放送評論家) 

      出演 竹下景子・森本レオ(予定)・堀川とんこう・工藤英博

 

4月20日(金) 10時 〜 12時30分

 第4部 10時00分〜12時30分 

      作品4 大河ドラマ「花の乱」 1994年(NHK)

      作品5 東芝日曜劇場「サハリンの薔薇」  1991年(北海道放送)       

 第5部 13時30分〜15時00分

      シンポジウム 「出演者・制作者が読み説く市川森一の魅力 ー 2」

      司会(聞き手) 鈴木嘉一(放送評論家) 

      出演 三田佳子・木田幸紀・長沼修・村上佑二

 

主催 : 一般財団法人 市川森一脚本賞財団

共催 : 公益財団法人 放送番組センター(2回目以降予定)

協賛 : 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館  一般社団法人 日本放送作家協会

     一般社団法人 日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム

後援 : NHK  一般社団法人 日本民間放送連盟

 

 

参加希望・お問い合わせは市川森一脚本賞財団事務局までFax(03-6435-3135)または、

メール(zaidan@ichikawa-kyakuhon.com)にてお願いいたします。

 

 

応募方などのチラシはこちらに

 

[チラシ]テレビドラマの巨人たち.pdf
PDFファイル 3.2 MB

 


■■■【第6回】市川森一脚本賞  ■■■

<受賞者・作品>






金子 茂樹(かねこ しげき)氏


「ボク、運命の人です。」(全10回)
日本テレビ、2017年4月15日~

 

 ▶ 選考委員 <選評/略歴>(準備中)

 

 ▶ 第6回「市川森一脚本賞」受賞者候補

 

  第6回「市川森一脚本賞」<授賞式>(準備中)

 

 


☆☆財団・会員の皆様へ☆☆

金子茂樹氏への6回「市川森一脚本賞」授賞式は、4月20日(金)18時よりの開催です。

会場は、千代田放送会館(102-0094 東京都千代田区紀尾井町11 電話:03-3238-7401)です。

皆様への案内状の発送が遅れております。申し訳ございません。

4月2日までには案内状の発送を済ませます。悪しからずご了承ください。

もし案内状が未着の場合は、遠慮無く、財団事務局の担当まで、お電話ください。

(担当・菅野:09023206749