平成25年度第3回理事会



平成25年度 第3回理事会が開催されました。

平成25年度第3回理事会
開催日時 平成25年6月20日(木)午後4時から
場所   NHK千代田放送会館4F第1会議室
出席者  理事長 福地茂雄
     理事 杉田亮毅 市川美保子 遠藤利男 松本貢一 辻 萬里
        高橋康夫 渡辺紘史 藤本宏樹(理事候補者)
     監事 片山安夫
     事務局長 菅野高至 税理士 円舘裕行
議事
1 理事の交代
  松本貢一に替わり藤本宏樹を理事とする案を可決。

 (後に開かれた評議員会で議決され、藤本宏樹の理事が決定されました)
2 平成24年度活動報告
3 平成24年度決算報告 監査報告
  平成24年度収支計算書、貸借対照表、正味財産増減計算書、

  財産目録等財務諸表が説明された後、片山監事からの監査報告書が提出され、

  承認可決されました。(財務諸表について別掲)
4 平成25年度事業計画案、収支予算案が説明され、承認されました。
  (事業計画案、収支予算案について別掲)
5 その他、これまで「設立会員」とされていた個人会員を、

  今後は、「会員」という呼称に統一することが提案され、承認されました。

設立会員から会員へ ~呼称の変更について~
当財団では、これまで基金を提供いただいた方を「設立会員」としてまいりましたが、今後は、「会員」と改めることにしました。

設立会員とは、当初、財団の設立趣意書で明らかにしてきたように、財団設立のための基本要件である300万円以上の「基本財産」拠出のために、皆様からの 基金をお願いしてきたことから由来するものです。おかげさまで、皆様からの基金は、昨年10月には300万円を超え、基本財産を得ることが出来ました。

その後も財団活動に対しては、多くの方々からの基金が寄せられ、それらのかたがたは、現在同じ「設立会員」として登録されています。(ホームページ参照)
しかし、寄せられた基金が、当初の300万円の基本財産に向けられたもの以外は、財団活動に充てられているという、その実際から言えば、「設立」の名を取って、「会員」とした方がわかりやすい、というのが理由の一つです。

また、当財団の活動運営資金は、主には、当財団の文化的活動を支援して頂く企業や団体からの基金を以って充てることが基本と考えていますが、今般の経済的 事情もあって、団体企業からの基金のみで活動をするには十分でありません。そのため、財団活動を今後長く継続させるためには、広く財団活動のための基金を 提供して頂く、新規会員を募集勧誘することも重要だと考えています。その場合、これまでの会員と、今後加入いただく会員とが、同じ「会員」として、当財団 の活動をご支援いただけるようにしたいというのが、理由の2つ目です。
皆様のご理解を賜りたいと存じます。